So-net無料ブログ作成
検索選択

<口蹄疫>「ワクチン使用検討すべき時期」専門家委が提言(毎日新聞)

 宮崎県で猛威をふるう口蹄疫(こうていえき)について、今後の防疫対策などを審議する農林水産省の専門家委員会が18日開かれ、感染していない家畜に対し「ワクチンの使用を検討すべき時期に来たと考えられる」と提言した。感染した牛や豚の殺処分が追いつかず、感染拡大を抑え切れていない可能性があるため。農水省はワクチンを使用する方向で検討に入った。

 委員会は非公開で開催され、終了後に寺門誠致(のぶゆき)委員長代理らが記者会見した。

 会見によると、ワクチン使用によって、感染しても家畜からのウイルス排出量を減らすことができ、殺処分の時間を稼ぐことができる。今回流行しているO型ウイルスのワクチンは現在、70万頭分の備蓄があるという。

 一方、殺処分より制圧まで時間がかかるうえ、抗体を持った家畜が感染したものかワクチン由来なのかの識別が困難となり、感染の広がりが分かりにくくなるというデメリットもある。使用に否定的な意見を述べた委員もおり、過去に外国でワクチンを使用したケースでも、成功例だけではないという。

 委員会はさらに、接種した家畜は計画的にすべて処分し、すべての家畜にウイルス抗体のない状態をつくるべきだとした。寺門氏は「そうでないと、いつまでたっても(口蹄疫)清浄国の国際的認定が得られないという意見が出た」と述べた。

 予防的見地から感染の疑いのない家畜を含めすべての家畜を殺処分にする措置については、欠席した委員から実施の検討を求める意見が寄せられた。だが、委員会では「今ですら埋却ができないのに、どんどん処分するのは大変だ」などの意見が出ただけで、議論にはならなかったという。

 また、感染が拡大傾向にあるとして、消毒などの防疫措置に指導や助言を行う専門家の派遣を提言。現行の防疫措置については、移動制限区域を出る一般車両を含めた消毒の徹底のほか、ネズミやハエなど野生生物によるウイルス拡散の防止を徹底すべきだと提言した。【佐藤浩】

【関連ニュース
口蹄疫:牛関連のイベントが全国各地で中止に 風評も懸念
口蹄疫:感染拡大防止に国道に消毒マット 宮崎
口蹄疫:宮崎県延岡市で予定の陸上全国大会が中止に
口蹄疫:大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討
口蹄疫:消毒薬製造 製薬会社は対応に追われる

身障者用トイレを自宅代わりに 42歳男を逮捕(産経新聞)
<自民党>金子・前長崎知事を擁立 参院選長崎(毎日新聞)
口蹄疫拡大で動物園休園、ヤギやキリン感染防止(読売新聞)
<練供養会式>青天に輝く金色の面 中将姫伝説を再現(毎日新聞)
山陽新幹線で停電、姫路―新大阪駅で運転見合わせ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ホジホジくん


あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!
一晩で5回もイかされるなんて初めてだ!!
お金もらってから、2時間ずっとチソチソいじられっぱなし!!笑
ちょっと疲れたけど、めちゃくちゃ気持ちよかったぞ!!(*゚∀゚)=3
http://toy.PizaPizahiza.net/inzsa4j/
by ホジホジくん (2010-05-28 23:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。